滝田栄さん、円空仏の魅力に触れる 県立美術館訪れ鑑賞

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
滝田栄さん、円空仏の魅力に触れる 県立美術館訪れ鑑賞

円空仏の一つ「三十三観音立像」を鑑賞する滝田さん=3日午後、福島市・県立美術館(吉田義広)

 仏像制作に取り組む俳優の滝田栄さん(64)は3日、福島市の県立美術館を訪れ、福島民友新聞創刊120周年記念事業として開催中の東日本大震災復興支援特別展「飛騨の円空--千光寺とその周辺の足跡」を鑑賞した。

 滝田さんは仏像制作を通し「円空仏」と出会い、庶民の幸せのために仏像を彫り続けた僧・円空に心を引かれ、研究を続けてきた。東北初開催となった円空展の会場で、滝田さんは「千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう)」など仏像一体一体に足を止めて見入っていた。

 鑑賞後トークショーを行い、円空仏の特徴や魅力を分かりやすく紹介した。