「人を引き込む力ある」 作家門田隆将さん鑑賞

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「人を引き込む力ある」 作家門田隆将さん鑑賞

円空仏に見入る門田さん=4日、福島市・県立美術館

 福島民友新聞社記者の震災当日とその後を追ったノンフィクション「記者たちは海に向かった」を著した作家の門田隆将さんは4日、福島市の県立美術館を訪れ、福島民友新聞創刊120周年記念事業の東日本大震災復興支援特別展「飛騨の円空--千光寺とその周辺の足跡」を鑑賞した。

 門田さんは円空仏をじっくりと鑑賞し、「圧倒された」と感激した様子。「仏像の目に人を引き込む不思議な力がある。信仰の対象にふさわしい」と評した。

 また「円空にとって彫ることが修行だったのでは」と分析。「一心不乱に境地を求めた迫力が伝わってきた」と、作家活動を通して事実を追い求める門田さんらしい感想を話した。