「山登った雄大な気持ち」 田部井淳子さん円空仏を鑑賞

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「山登った雄大な気持ち」 田部井淳子さん円空仏を鑑賞

円空仏を鑑賞する田部井さん=25日、福島市・県立美術館

 登山家で女性初の7大陸最高峰登頂者の田部井淳子さん(75)=三春町出身=は25日、福島市の県立美術館を訪れ、福島民友新聞創刊120周年記念事業で開催中の東日本大震災復興支援特別展「飛騨の円空--千光寺とその周辺の足跡」を鑑賞した。

 田部井さんは「薬師如来立像(りゅうぞう)」などにじっくりと見入り、「心が落ち着き、洗われた。まるで山を登ったときのように雄大な気持ちにさせられた」と登頂時の感動に通じる思いを感じた様子だった。さらに「殺伐とした現代では、なかなか一心にはなれない。円空があれだけ一心に仏像作りに生き抜いた姿から、そういう人と同じ国に生まれたということに誇りを持てた」と庶民のために仏像を彫り続けた江戸期の僧・円空の生き方に共感していた。