檜枝岐歌舞伎

 神にささげる奉納歌舞伎として行われてきた檜枝岐の伝統歌舞伎。その昔、江戸で歌舞伎を観劇した農民が、見よう見まねで村に伝えたのがはじまりと言われ、以来、親から子へと260余年に渡り継承されてきました。衣装作りから化粧などの裏方もすべて村民が行い、昔のままの姿があります。伝統あるその姿を福島市民家園(あづま運動公園内)の由緒ある旧広瀬座にて上演し、福島市の歌舞伎ファンに披露します。

民友セレクション