県内4会場公演迫る 前売り券残りわずか

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 脚本家倉本聰さんが震災と原発事故で被災した本県を舞台に書き下ろした演劇「ノクターン--夜想曲」の県内公演は、福島民友新聞創刊120周年記念事業として3月1日から、県内4会場で開かれる。3日の郡山会場(郡山市民文化センター)は全席完売となったほか、会津若松、いわき、福島の各会場も前売り券が残席わずかとなっている。

 出演は、倉本さんが主宰する演劇集団「富良野GROUP(グループ)」のメンバーで、2月1日の南相馬公演で感動を呼んだ後、全国公演を続けている。

 前売り券は3500円(全席指定)で、取扱所次の通り。

(公演日、会場、開演時間、前売り券取扱所の順)

 3月1日・會津風雅堂(午後2時)=會津風雅堂、福島民友新聞社▽3月5日・いわき芸術文化交流館「アリオス」(午後6時30分)=福島民友新聞社のみ▽3月7日・県文化センター(午後2時)=県文化センター、中合福島店、福島民友新聞社