グルメ&美酒フェスタ【甲州とりもつ煮】庶民の知恵が生んだ味

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
甲州とりもつ煮

 全国的な人気を誇るご当地グルメと、福島のおいしい酒が楽しめる「特選!!ご当地グルメ&ふくしま美酒フェスタ」は16日から、福島市中心市街地の吾妻通りとさんかく広場を会場に開かれる。話題のご当地グルメを連載で紹介する。

 全国のご当地グルメイベントで引っ張りだこの人気を誇る逸品。鶏のレバー、ハツ、砂肝、きんかん(成長中の卵)を甘じょっぱく照りが出るまで煮込む。地元では、そば屋の一品料理や酒のあてとして食べられることが多い。

 終戦後、調理の過程で廃棄される鶏の内臓がもったいないと考案された庶民の味。ご当地グルメの全国イベントでグランプリを受賞して人気に火が付き、今では観光客を呼び込んで地域おこしに一役買っている。懐かしさを感じさせる素朴な味わいに、日本の食文化を思う。500円。

▽日時=9月16~18日・午前11時~午後6時30分
▽会場=福島市栄町・吾妻通り、さんかく広場
▽料金=会場で100円券10枚つづり(1000円)のチケットを購入し、出店ブースで料理の値段に応じてチケットで支払う。
▽問い合わせ=福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)
▽主催=福島民友新聞社
▽共催=福島商工会議所、県酒造組合