グルメ&美酒フェスタ【福島やきとり、アンコウのから揚げ、もち天ぞう煮】

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島やきとり

 東北中央道の開通を見据え、福島、相馬、米沢(山形県米沢市)の3商工会議所が観光交流の拡大や地域活性化に向け連携を強化していることを踏まえ、3商議所の管内から自慢の料理が登場する。

 福島からは、ふくしまやきとりの会が出店。「福島やきとり」は全国七大焼き鳥の一つに数えられ、その味はオーソドックスだが、多くのファンの人気を集めている。若鶏5本で500円など。

 相馬からは、地元で水揚げされたアンコウを使った「アンコウのから揚げ」が登場。香ばしいたれが淡泊なアンコウの白身の味とマッチしている。16、17の両日のみ販売。500円。

 米沢からは、天ぷらにした餅が入った「もち天ぞう煮」が本県初お目見え。野菜などの具材や米沢牛の牛すじをトッピングしており、米沢市で行われた食のイベント「Y―1グルメグランプリ」で2年連続優勝を飾った。500円。

▽日時=9月16~18日・午前11時~午後6時30分
▽会場=福島市栄町・吾妻通り、さんかく広場
▽料金=会場で100円券10枚つづり(1000円)のチケットを購入し、出店ブースで料理の値段に応じてチケットで支払う。
▽問い合わせ=福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)
▽主催=福島民友新聞社
▽共催=福島商工会議所、県酒造組合