#若冲 色彩が浮き上がるよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

◆桜の聖母短大学長 西内みなみさん

 水墨画を中心としたモノクロ作品だからこそ、色彩が浮き上がってくるように感じ、レオナルド・ダビンチのような精密さやリアリズムに圧倒された。美術館を訪れることが多いが、展示方法も分かりやすく、よく考えられていると感じた。

 地元福島市でこれだけ文化水準の高い作品群を見られることに驚いた。「風格ある県都」にふさわしい展覧会だ。県外や海外からの来館者も多く、幸せそうに鑑賞する人を見て一市民として誇らしく感じた。前期に足を運んだが、後期に登場した作品を見に再度足を運ぶのを楽しみにしている。

◆5月6日まで@県立美術館 ※5月6日(月)は開館

若冲バナー