#若冲 墨の濃淡、表現見事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

◆大和川酒造店会長 佐藤弥右衛門さん

 墨の濃淡による表現が実に見事。「象と鯨図屏風(びょうぶ)」は自由で大胆、シュールさも感じさせ、これが江戸時代に描かれたということに驚く。

 動物のほか人物を描いた作品も並び、若冲(じゃくちゅう)の全体像が分かる展覧会だと感じた。

 ◆6日まで@県立美術館 ※6日(月)は開館。

若冲バナー