県内自治体に花壇プロジェクト号外贈る 植樹祭前に福島民友新聞社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
浪江町役場に張り出されたスーパー号外

 第69回全国植樹祭を前に、福島民友新聞社は植樹祭の盛り上げに向けて59市町村に花壇を設ける「ふくしまを花で飾ろう『市町村の花』の花壇プロジェクト」を報じた特別号外を発行、県内の自治体に寄贈した。

 同プロジェクトは、福島民友新聞社と県森林組合連合会、農林中央金庫福島支店、県森林・林業・緑化協会の主催、59市町村の共催。昨年4月に浪江町で始まり、各自治体の庁舎や道の駅などに市町村の花を植えた花壇を整備、植樹祭開催地の南相馬市で3月にフィナーレを迎えた。号外は同プロジェクトを改めて地元に周知し、花壇を長く愛してもらおうと寄贈した。

 役場前の花壇に県花「ネモトシャクナゲ」の苗木などを植樹した浪江町では5日、役場庁舎入り口にスーパー号外が掲示された。来庁者や職員らが、昨年4月に行われた植樹の様子や町の花「コスモス」などを紹介する紙面に見入っていた。