地域産品販路拡大へセミナー 28日から郡山で計6回

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県産品の風評払拭(ふっしょく)と販売力の強化を図るための「地域産品の商品開発・販路拡大セミナー」が28日から来年2月20日にかけての計6回、郡山市のビッグパレットふくしまで開催される。県観光物産交流協会の主催。

 新商品の開発手法などを学ぶ「商品開発編」と、販路拡大に向けた営業戦略などを学ぶ「販路拡大編」を各3回開催する。対象は県内で地域産品の生産活動などを行う事業者(従業員も含む)となるが、被災市町村で事業再開を目指す事業者も受講できる。

 受講無料で、申し込み締め切りは18日。申込書に必要事項を記入してファクスか郵送で申し込む。同協会ホームページ(http://www.tif.ne.jp/bussan/)からも申し込める。

 申し込み・問い合わせは同協会物産部(電話024・525・4081、ファクス024・525・4097)へ。