社屋に鮮やかイルミネーション 地元住民の心を温かく、福島・アポロガス

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
幻想的なイルミネーションを見上げる子どもたち

 福島市飯坂町のアポロガス(篠木雄司社長)は24日、社屋のイルミネーションを始めた。同日、地元おおとり幼稚園の園児らも参加して点灯式を行い、社屋が幻想的な光で包まれた。

 同社は、地区住民の心を温かくしようと、毎年この時期に社屋を電飾で飾っている。

 今年はLED電球など約2万個を使い、イルミネーションを仕上げた。

 式では、篠木社長と子どもたちが点灯スイッチを押した。イルミネーションは12月25日まで、毎日午後5時から午前0時まで。