吟醸酒『銀牡丹』13日から販売 福島・須賀川、ミツバチプロジェクトと交流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「銀牡丹」をPRする渡辺代表社員(右から2人目)ら

 須賀川ふるさと創生倶楽部合同会社(渡辺達雄代表社員)は13日から、オリジナルの純米吟醸酒「銀牡丹(ぎんぼたん)」を販売する。

 東京都の東京銀座ミツバチプロジェクトとの交流から醸造が始まり今年で6年目。同市の水田で県の酒造好適米「夢の香」を生育し、同プロジェクトのメンバーが本県を訪れて田植えや稲刈りなどを手伝った。

 醸造は天栄村の松崎酒造店が手掛け、精米歩合55%、アルコール16度。味はやや辛口で、米のうま味を引き出したすっきりとした飲み口が特徴という。

 生産本数は約6千本。価格は720ミリリットルが1700円(税込み)、1800ミリリットルが3286円(同)。箱代は除く。

 同市産業会館内の物産店のほか、市内の酒店などで取り扱う。銀座の松屋や飲食店でも販売される。

 問い合わせは須賀川物産振興協会(電話0248・72・1020)へ。