イノベ構想実現へ、県が支援補助金 技術開発企業の公募開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は29日までに、浜通りを新産業の拠点にする福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の実現に向け技術開発を目指す企業を支援する「地域復興実用化開発等促進事業費補助金」の公募を始めた。

 対象は浜通りに本社や生産拠点などがある企業や、地元企業と連携して研究を行う全国の企業。

 ロボットやエネルギー、環境・リサイクル、農林水産業などの各分野で、技術の実用化や事業化に向けた研究開発、実証などの取り組みについて、施設工事費や人件費、材料費などを、中小企業は対象経費の3分の2、大企業は2分の1を補助する。

 詳細は県産業創出課のホームページ(http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/29jituyoka‐hama1.html)