本県出身トランペット奏者ら出演 郡山で10月1日にコンサート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 本県出身トランペット奏者3人とピアニスト1人で結成されたアンサンブルグループ「カルテット メイド イン フクシマ」は10月1日午後2時から、郡山市の安積歴史博物館で「オータムコンサート2017」を開く。

 東京フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者の川田修一さん(須賀川市出身)らが出演する。プログラムは、管弦楽組曲第3番、祝典序曲など。クラリネット奏者斎藤雄介さん、パーカッション奏者平子久江さんを迎える。

 料金は一般三千円、高校生以下千円(当日券は500円増し)。全席自由。チケットは、同博物館などで取り扱っている。