福島空港-那覇間、3月にチャーター便を運航

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 宮崎市のソラシドエアは来年3月25、28の両日、福島空港と沖縄県の那覇空港を結ぶチャーター便を運航する。福島―那覇間の運航は2015(平成27)年3月以来、3年ぶりとなる。県が14日発表した。

 県や福島空港の活性化を図る関係団体は本年度、沖縄定期便の再開に向けた働き掛けを強化。5月には、県空港交流課がソラシドエア本社を訪問し、チャーター便の運航を要請した。ソラシドエアのチャーター便運航は福島空港の開港以来初めて。

 今回のチャーター便では福島、沖縄両県の相互交流の促進に向け、双方の旅行会社が商品を販売。来年3月25日に福島空港を出発する本県側の旅行商品では、沖縄本島周遊の旅や、石垣島など離島への旅、フリープランなど五つのコースが企画されている。沖縄側の旅行商品では、本県や山形、宮城両県などの広域観光コースが企画されている。

 本県側の旅行商品は18日に発売。問い合わせは福島交通観光(電話024・531・8950)へ。