フェネック「ソフィ」に赤ちゃん アクアマリンで2匹誕生確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市のアクアマリンふくしまは、同施設で飼育しているフェネックの「ソフィ」(4歳)が赤ちゃん2匹を出産したと発表した。同施設でのフェネックの出産確認は初めて。

 同施設によると、性別は不明で、父親は「マルクル」(2歳)。7日午後3時30分ごろに出産し、スタッフが確認した。

 展示室の砂を掘って穴の中に出産する方法で、自然界に近い状態で育っているという。

 同施設は24時間体制で展示室を監視し、1日2回穴の中を確認。約1カ月で子どもが穴から出てくるとみている。一般来場者は展示室を見ることができる。

 フェネックは北アフリカからアラビア半島の乾燥地帯に生息するキツネの仲間で、大きな耳が特徴。砂漠に穴を掘り、小さな群れをつくりネズミやトカゲなどを食べ、植物の葉や果物などで水分を補給し生活しているという。