モモ「伊達の蜜姫」味わって 郵便局で受付開始、JAふくしま未来管内産

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
モモをPRしたミスピーチら

 日本郵便県北部地区連絡会は、県内415の郵便局窓口などでJAふくしま未来管内産のモモ「伊達の蜜姫」などのカタログ販売の受け付けを始めた。復興支援として企画し、今年で5年目を迎えた。

 あかつきの中から糖度13度以上を選んだ同JAオリジナルブランド「伊達の蜜姫」は3キロ5600円(送料、税込み)で販売する。7月13日まで受け付け、同月中に発送する予定。

 「川中島 特秀」3キロ4800円、5キロ6200円、「あかつき 特秀」3キロ5千円、5キロ6300円も販売する。

 福島市の福島中央郵便局で開始式が行われ、同JAの安彦慶一専務、同連絡会の高島貞邦統括局長、鳴海俊英福島中央郵便局長らがテープカットなどを行った。

 安彦専務は「生育は順調。安全・安心でおいしいモモを多くの方に味わってほしい」と語った。

 2018年のミスピーチキャンペーンクルーの鈴木彩夏さん、畠山せえなさんが来店者にモモをPRした。

 商品の問い合わせは同JA(フリーダイヤル0120・248・960)、申し込みについては郵便局カタログ販売センター(フリーダイヤル0120・172・803)へ。