「長ネギパン」食べて 3種類を共同開発、2日から限定販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新商品のネギパン3種類と長ネギを手にPRする鈴木社長(右)と丹治社長

 福島市のカフェベーカリーら・さんたランド(鈴木勲社長)と同市のつながるファーム(丹治智幸社長)は、同ファームが生産する長ネギを使ったパン3種類を共同開発した。2日から同店で販売する。

 キムチとカレーに生の長ネギを加えた「キムチレッド」(税込み300円)、焼き長ネギを豚バラ肉で巻きカレーを絡めた「カレーイエロー」(1本約40センチ・税込み650円、ハーフ・税込み350円)、焼き長ネギをベーコンで巻いた「ペッパーブラック」(1本約40センチ・税込み650円、ハーフ・税込み350円)の3種類。

 開発に県内の農林漁業者と中小企業との連携による取り組みを支援する「ふくしま農商工連携ファンド事業」を活用した。

 日曜日に同市本内の信夫ケ丘本店、月曜日にチェンバおおまち店で数量限定で販売する。問い合わせはら・さんたランド(電話024・525・2690)へ。

 鈴木社長は「天日塩やきび糖を使ったパン生地と地物野菜を生かした自信作」、丹治社長は「パンと長ネギという、なかった組み合わせ」と話している。