全ての出会いに感謝 福島出身・MANAMI、3月に10周年ライブ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「自分が今、感じている思いを発信していきたい」と話すMANAMI=福島民友新聞社

 福島市出身で現在も県内を拠点に活動するシンガー・ソングライターのMANAMIが、音楽活動開始から10周年を記念した弾き語りワンマンライブを3月16日、福島テルサで開く。福島民友新聞社を訪れたMANAMIが、高校1年生で音楽を始めてから10年間の思いと、これからを語った。

 ライブをはじめ、イベントやテレビ、ラジオの出演など、活動は順風満帆に見えるMANAMI。だが、音楽から遠ざかっていた時期もあったという。そんな時、再び音楽の道を歩もうと思ったきっかけは、お世話になった人からの「また音楽やったらいいのに。もったいないよ」という一言だった。

 「そんな出会いのおかげで10周年を迎えることができた。今回のワンマンライブは、出会ってくれた全ての人たちへの感謝を伝える場所にしたい」

 およそ450人収容という今回の規模の会場でワンマンライブをするのは初めて。だが、自身は「かしこまらずに、気張らずに、いつも通りの自分で臨みたい」と気負いはない。

 10年の変化を聞くと「今までは、自分の気持ちや身の回りのことを曲にしていたが、ここ数年はテーマソングやイメージソングの制作の依頼を受けることが増えた」。昨年12月には、タイアップ曲を集めたアルバム「福島えがお」を発売した。酪王カフェオレCMソングや玉川村PRソングなど、なじみのある曲が並ぶ。

 「10年やってきて、歌いたいことや自分の中から生まれてくる言葉が変わっていくのを感じている。26歳の自分が今、感じている思いを曲にして発信していきたい」

 これから挑戦したいことを聞くと「県内外問わず行ったことのない場所にも足を運びたい」と意欲的だ。「けれど、あくまでも拠点は福島。やっぱり福島が一番落ち着く。自分らしくいられる場所です」。県内在住のシンガー・ソングライターのさらなる活躍が楽しみだ。

■MANAMI 10th Anniversary弾き語りワンマンライブ「おかげさま~出逢ってくれた一人一人へ~」 

3月16日、福島市・福島テルサFTホール。午後6時開演。前売り3千円、当日4千円。小中学生千円(いずれも税込み)。

問い合わせはユーワンミュージック(電話024・597・7202)へ。