「ウルトラマン 光の物語」展 映画界からテレビへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 天然色活動写真に入社した円谷英二は、映画制作の撮影や美術、シナリオなどのノウハウを身に付け撮影技師としてデビュー、撮影所や映像プロダクション、映画会社などで映画制作を担当する。

 そんな中、アメリカ映画「キング・コング」(1933年)に感銘を受け、フィルム一コマ一コマを分析、特撮技術が主役となる映画づくりを目指し、創意工夫に満ちた技術で特撮映画の世界を確立していく。

 1942(昭和17)年、ミニチュア撮影と作画合成などの技術を集めた「ハワイ・マレー沖海戦」では見る人に実写と思わせるほど緻密な映像を送り出し、54年に公開された「ゴジラ」は世界的なヒットを記録した。

 その後も数々の特撮映画を世に送り出し、63年に円谷特技プロダクション(現在の円谷プロ)を設立。活躍の場をテレビに移し、数々の挑戦を糧に、ウルトラマンを誕生させる。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)