「ウルトラマン 光の物語」展 アイデア次々映像に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 円谷プロダクションを設立し、特撮SFテレビドラマの制作に打ち込む円谷英二は、別々のフィルムに撮られた映像を組み合わせ具現化する映像装置・オプチカルプリンター(光学合成機)などの最先端の技術と機材を駆使し、さまざまなアイデアの映像化に挑戦していく。

 1966(昭和41)年、特撮テレビドラマ「ウルトラQ」が放送開始され、空想上の怪獣がテレビ画面狭しと暴れるその映像は、当時の子どもたちの目をくぎ付けにした。タイトルの「ウルトラQ」は、五輪体操競技で当時流行語となった「ウルトラC」にあやかり名付けられた。

 後のウルトラマンシリーズにも登場する怪獣カネゴンや、ピグモンのもととなったガラモンなどは「ウルトラQ」で初登場。単純に怪獣が登場するパニック特撮ものにとどまらず、ストーリーを持ったSF作品として見る人を驚かせた。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)