「ウルトラマン 光の物語」展 見る人に力をくれる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1966(昭和41)年7月から67年に放送され、爆発的な人気を誇った「ウルトラマン」の最終回は、宇宙恐竜ゼットンとの戦い。

 地球侵略を狙い、驚異的な強さのゼットンは、ウルトラマンの攻撃をはじき返し、ついにはカラータイマーを破壊、ウルトラマンは倒されてしまう。地球は滅亡かと思われたが、科学特捜隊の新兵器・無重力弾によりゼットンは倒された。

 ウルトラマンが発信した「光」を科学特捜隊が受け継ぎ、地球を守る力となった瞬間だった。ウルトラマンはその後、光の戦士ゾフィーにより科学特捜隊ハヤタと共に蘇生され、故郷M78星雲へと帰っていった。

 円谷英二が作品を通して伝えたかったのは、怪獣を通して表現した人が持つ弱い心や邪悪な精神、それに立ち向かう力と希望を持ったウルトラマンの「光」を、見る人にもたらすことだった。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)