「ウルトラマン 光の物語」展 立ち向かう勇気表現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本でかつて栄えた超古代文明により、東北地方のとある場所につくられた光のピラミッドに納められている3体の巨人像。突如地球に現れた怪獣は、巨人像の破壊をもくろみ「ティガの地」と呼ばれるその場所で2体の巨人像を破壊する。

 それを目の当たりにし阻止しようとする地球平和連合TPC極東本部GUTSの隊員ダイゴの体が光に変わり、巨人像に入り込んで「光の巨人・ティガ」が復活する。

 古代文明を支えた光の巨人をよみがえらせたのは、人間の勇気の「光」で、その「光」は力となって地球を守っていく。

 ティガが放送された1996(平成8)年の前年は、阪神大震災や地下鉄サリン事件が起きた。かつてない災害や事件に見舞われた日本にとって、最も求められたのは困難に立ち向かう勇気や力。それがティガの「光」として表現され、見る人に希望を届けた。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)