「ウルトラマン 光の物語」展 大切なこと引き継ぐ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バラエティーに富んだキャラクターで展開した「ウルトラマンダイナ」のシリーズ後半では、宇宙を舞台にしたエピソードが増えていく。

 宇宙格闘士グレゴール人やアスカの父、ヒビキ隊長の過去を描いたエピソードなどが登場し、シリーズを盛り上げていく。

 前作の「ウルトラマンティガ」とダイナは舞台設定が同じで、ダイナはティガに続く物語となっている。最終章ではティガの主役を務めたダイゴも登場し、自分も「光」だったことをアスカに告げ、「人としてできること」の大切さを説く。引き継がれる「光」はさらに力を増し、最後の「悪」に立ち向かっていく。

 人間らしさを打ち出し、諦めず立ち向かって「光」をつかむことを訴えたヒーロー・ダイナ。決して物事を諦めない気持ちにより、人の弱さや悪の心に打ち勝つことが、ダイナが放つ「光」だった。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)