「ウルトラマン 光の物語」展 人間の二面性を表現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「地球を守りたい」という主人公・我夢の強い意志に、地球が「光」を託し誕生した大地の巨人「ウルトラマンガイア」。宇宙から訪れたヒーローではない、人と地球が生み出したウルトラマンは、我夢の性格を持ち、優しさと強さを持ち合わせたヒーローとなった。

 ガイアでは、青い巨人「ウルトラマンアグル」も登場する。アグルは「地球にとって人類はがん細胞」と語り、ガイアとは違った意志で地球を恒久的に存続させようとする。

 ガイアはアグルとの決戦に挑むが、その戦いは最強の人類の敵・ゾーリムを地球に呼び込んでしまう。

 ガイアの世界では、ガイアとアグルに象徴されるように人の二面性も表現された。

 地球を愛する気持ちは変わらないが、ガイアの優しさや希望に対し、アグルの非情さや破滅思想は、見つめ直さなくてはならない人のエゴイズムだった。

◆福島で8月9日開幕

・日時 8月9日(水)~27日(日)午前10時~午後6時

・場所 とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)=福島市春日町5の54、電話024・534・9191

・入場料 一般1200円(前売り1000円)、中学生以下600円(同500円)◎未就学児無料

・入場券販売 ファミリーマート各店、中合福島店、とうほう・みんなの文化センター、福島民友新聞販売店

・問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)