2017年の主な予定事業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島民友新聞社は、スポーツや健康、文化などを推進するさまざまな事業を今年も展開する。県内ウオーキングの定番となった「うつくしま・みずウオーク」をはじめ、東北最大規模となる「うつくしまトライアスロンinあいづ」や「いわきサンシャインマラソン」も全国からアスリートが集い地域活性化などに貢献する。  

 美術や芸能、サブカルチャーまで多彩な文化事業も県内各地で開催する。いわき市では世界的な画家・藤田嗣治氏の展覧会「レオナール・フジタとモデルたち」、三春町ではNHKでおなじみの「みんなのうたの世界展」を開催、郡山市といわき市では脚本家・倉本聰氏と演出家・中村龍史氏が手掛ける公演「走る」を上演する。さまざまなジャンルの事業を催すことで、県文化の向上を目指す。

 ◆いわきサンシャインマラソン 2月12日号砲   

 いわき市のいわき陸上競技場をスタートし、小名浜のアクアマリンパークをフィニッシュとする日本陸連公認フルマラソン大会「第8回いわきサンシャインマラソン」は2月12日、1万人を超えるランナーを迎えて開かれる。  今大会はいわき市市制施行50周年を記念して開催され、参加ランナーが市内に設けられたコースを駆け抜ける。ゲストランナーとして、アトランタ、シドニー五輪メダリストのエリック・ワイナイナさんやロンドン五輪日本代表の尾崎好美さんが参加し、大会を盛り上げる。

  ◆花と緑いっぱいのふるさとづくりプロジェクト

 福島民友新聞社、県森林組合連合会、農林中央金庫福島支店、県森林・林業・緑化協会とで構成する実行委員会は新年度、「花いっぱい県民運動」のさらなる拡大浸透を図るため、「花と緑いっぱいのふるさとづくりプロジェクト」を展開する。同運動は、農林中央金庫福島支店と福島民友新聞社の提唱により、1968年にスタートし、今年で50回目の節目。2018年に本県で開かれる、「全国植樹祭」とも連携し、「花と緑」あふれる本県をアピールする。  プロジェクトでは、県内の自治体や道の駅に、自治体のシンボルの「花」と「県花」ネモトシャクナゲを植えた花壇を造成、その場所を訪れた地元住民や県内外の方にとって、憩いの場となることを目的とする。また、その花壇を通じ、「地元愛」がさらに育まれることを期待する。

 ◆うつくしまトライアスロンinあいづ 8月27日号砲   

 会津地方の雄大な自然を舞台に繰り広げられる「第19回うつくしまトライアスロンinあいづ」は8月27日に会津若松、猪苗代、磐梯の3市町で開催。全国から多くのトライアスリートが集う。  オリンピック・ディスタンス(スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われる大会には、全国屈指の選手がタイムを競う。会津地方の温かい歓迎や食文化が選手を迎える大会とあって、全国でも人気の高い大会となっている。

 ◆倉本聰氏脚本・演出 「走る」   

 脚本家・倉本聰氏の最後の演出となる富良野GROUP特別公演「走る」は、27日の郡山公演(郡山市民文化センター)と2月9日のいわき公演(いわき芸術文化交流館アリオス)の県内2公演が上演される。走る姿と生きざまを重ね、生きることの価値を問う舞台となっている。

 ◆うつくしま・みずウオーク

  「うつくしま・みずウオーク2017」は、県内5会場(福島市・柳津町・北塩原村・三春町・西郷村)で開催する。水環境への理解や美しい郷土づくり、健康促進などが目的。  昨年新設の小、中学生とその保護者を対象にした学びながら歩く「まなぶんコース」は、地域の水環境理解を目的に今年も開催し、ウオーキングの魅力などを幅広い世代に伝える。  大会では、開催地ならではのもてなしで参加者を迎え、5大会全てに参加した人には踏破賞が贈られる。

 ◆福島まほろば塾inならは   

 薬師寺執事・大谷徹奘師を迎え行われる「福島まほろば塾inならは」は、3月12日に楢葉町コミュニティセンターで開催される。東日本大震災七回忌追悼・復興祈願法要に加え、大谷師の法話やシンガー・ソングライター・森山良子さん、さだまさしさんの友情出演によるてい談を行う。また、森山さん、さださんの帰町応援チャリティーコンサートも同時開催する。

  ◆レオナール・フジタとモデルたち   

 「乳白色の下地」と呼ばれる独自の画面により、フランス・パリで一躍時代の寵児(ちょうじ)となったレオナール・フジタ(藤田嗣治・1886~1968年)の画業を一望する「レオナール・フジタとモデルたち」は4月からいわき市立美術館で開催。フジタの作品と、そこに描かれたモデルたちの資料を交えて紹介し、その本質に迫る。

 ◆みんなのうたの世界展   

 NHKの「みんなのうた」放送開始55年記念「みんなのうたの世界展」は、三春町の福島さくら遊学舎で9日から開催。3月26日まで。  昭和の「みんなのうた」を代表する「山口さんちのツトム君」(1976年)や「コンピューターおばあちゃん」(1981年)、平成の「おしりかじり虫」(2007年)など、懐かしのあの曲の原画やセル画、小道具などが並ぶ。常設されるミニシアターでは、数々の名曲の映像が楽しめる。

 ◆2017年の主な予定事業    

 ■スポーツ事業

 ▽郡山カップ県フットサル選手権大会

 ▽県中学生学校対抗ソフトテニスリーグ(Sリーグ)

 ▽ふくしま花ウオーク

 ▽高円宮杯U―18県サッカーリーグ(Fリーグ)

 ▽好間川杯ソフトボール大会

 ▽蔵のまち喜多方桜ウオーク

 ▽時空の路ヒルクライムin会津

 ▽郡山市まちなか子ども夢駅伝競走大会

 ▽奥川健康マラソン大会

 ▽県ターゲットバードゴルフ選手権大会

 ▽なつの天栄羽鳥湖高原ウオーク

 ▽GIANTS杯県中学野球大会

 ▽県女子ジュニアソフトボール選手権大会

 ▽Me&Youサッカーフェスティバル

 ▽伊達ももの里マラソン大会

 ▽パークゴルフ県選手権大会

 ▽阿武隈川トライアスロン

 ▽民友・スラッガー杯選抜少年野球交流大会

 ▽県市町村対抗小学生ソフトテニス大会

 ▽うつくしまYOSAKOIまつり

 ▽ろうきん杯ユース(U―15)サッカー選手権

 ▽県還暦軟式野球選手権大会

  ▽県グラウンドゴルフ大会

 ▽あいづ新米ウオーク

 ▽会津塩川バルーンフェスティバル

 ▽福島市まちなか子ども夢駅伝競走大会

 ▽会津若松市まちなか子ども夢駅伝競走大会

  ▽県中学校新人ソフトボール大会

 ▽蔵のまち喜多方健康マラソン大会

 ▽秋の喜多方・長床ウオーク

  ▽信夫の里健康マラソン

 ▽FCT・民友杯県中学硬式野球大会

 ▽野馬追の里健康マラソン大会

  ■文化事業

 ▽親と子のつどい・ご入学おめでとう大会

 ▽緑の提言・作文コンクール

 ▽豊かなむらづくり顕彰事業

 ▽花いっぱいコンクール

 ▽「子ども樹木博士」チャレンジ

  ▽県小中学校PTA広報紙コンクール

 ▽モルゴーア・クァルテット演奏会

 ▽高校生のための文化講演会

 ▽東京地区私立大学進学フェア

 ▽親子武士道塾

 ▽歴史文化講演会

 ▽みんゆう新聞感想文コンクール

  ▽ふるさとふくしまフォトコンテスト

 ▽お母さんありがとう作文コンクール