「飛び猫写真展」4月1日開幕 人気の五十嵐健太さん作品

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島民友新聞社と福島ガイナックスは4月1日から、「五十嵐健太 飛び猫写真展」を三春町の福島さくら遊学舎で開催する。

 五十嵐健太さんは、1984年、千葉県生まれ。独学で写真の道に進み、猫を被写体にした写真を発表して人気を集めている。

 猫が飛んでいるような一瞬をとらえた「飛び猫」や、心にしみるひと言を猫の写真に書き添えた「ねこ禅」、テレビや映画などに出演したスター猫を被写体にした「もふあつめ」などの写真集を発刊。「飛び猫」は2015年ベストセラー猫写真集にも選ばれた。写真展では、100点を超える作品が展示される。

 五十嵐さんに見いだされた猫たちが、愛くるしい姿や驚きの跳躍力を写真の中で披露する。また、場内ではさまざまな関連イベントが開かれ、猫ワールドを盛り上げる。

 オープン日には五十嵐さんが来場、サイン会が開かれるほか、4月16日までの花見シーズンの来場者にはオリジナルポストカードが贈られる。

 また「CAT総選挙」と題して猫の動画や写真、イラストなどを一般募集し、来場者による投票でコンテストも行われる。応募方法は福島ガイナックスのホームページで告知する。

 会期は5月21日まで。料金は一般800円、大学生700円、中学・高校生600円、小学生400円、未就学児は無料。問い合わせは福島さくら遊学舎(電話0247・61・6345)へ。