久慈川の「アユ釣り」解禁 東北地方トップ、県内外から釣り人

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
久慈川でアユ釣りを楽しむ釣り人=7日午前6時20分ごろ

矢祭、塙、棚倉の3町を流れる久慈川のアユ釣りが7日、東北地方のトップを切って解禁した。県内外から大勢の釣り人が訪れ、アユ釣りを楽しんだ。

 漁を管理する久慈川第1漁協は解禁に備えて約1700キロ(17万匹相当)の稚アユを放流。アユは平均17センチに成長し、20センチ超えの大物も期待できるという。

 矢祭町の矢祭山公園でセレモニーを行い、関係者が解禁を祝った。公園近くの同川では、昨年を上回る釣り人たちが訪れ、狙いのポイントに釣り糸を垂らし、 アユを狙っていた。同川のアユ釣りは12月末まで。7月5日以降は投網漁も順次、解禁となる。