会津若松の阿賀川でアユの試し釣り 「釣果」良好、7月1日に解禁

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アユの試し釣りを楽しむ招待者

 会津非出資漁業協同組合は26日、会津若松市北会津町を流れる阿賀川で、7月1日の解禁を前にアユの試し釣りを行った。参加した太公望が一足早くアユ釣りを楽しんだ。

 同組合は今年、昨年の倍のアユの稚魚1800キロ、27万匹を放流した。試し釣りには釣り愛好家16人を招待。釣り客たちは愛用のさおを使い、元気の良いアユを次々と釣り上げた。

 この日は188匹の釣果があり、最長で19センチのアユが釣れた。組合員は「好調なシーズンを迎えられそうだ」と話している。

 同組合は30日午後3時から、同市北会津町三本松の組合事務所で友釣りの「おとり」を販売する。

 問い合わせは同組合(電話0242・56・4388)へ。