イワナ、ヤマメ成魚を300キロ放流 4月1日から「渓流釣り」解禁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
渓流魚解禁を前に釣りの醍醐味を楽しんでと行われた放流作業

 渓流魚解禁の4月1日を前に、西会津地区非出資漁業協同組合は30日、西会津町内を流れる河川にイワナとヤマメの成魚300キロを放流した。

 毎年、解禁日を前に遊漁者に渓流釣りを楽しんでもらおうと放流している恒例行事。伊藤喜允組合長ら5人の役員が参加、長谷川、不動川、安座川など5河川に放流した。

 同漁協組は、9月までの渓流釣りシーズン中、月1回の割でイワナ、ヤマメの成魚、コイ、フナの自主放流を計画、太公望らに釣りの醍醐味(だいごみ)を楽しんでもらうという。