久慈川で待望の「アユ釣り」解禁 東北トップ、釣り人感触楽しむ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
久慈川でアユ釣りを楽しむ釣り人=4日午前6時5分ごろ、矢祭町

 矢祭町などを流れる久慈川で4日、東北地方のトップを切ってアユ釣りが解禁された。好天にも恵まれ、初日から多くの釣り人がアユ釣りの感触を楽しんだ。

 アユ漁を管理する久慈川第一漁業協同組合によると、今年は約1700キロ(17万匹相当)の稚アユを放流した。稚アユは平均で17センチに成長、20センチを超える大物もいるという。

 前日夕方に同町に入り、午前5時の解禁とともに釣りを始めたいわき市の安藤興一さん(75)は「天気もよく、雰囲気は最高」と待望の解禁を喜んでいた。