大型連休は渓流釣り! 西会津、イワナとヤマメ放流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
バケツで丁寧に放流する担当者ら

 大型連休を前に、西会津地区非出資漁協組(伊藤喜允組合長)は、西会津町内を流れる河川にイワナとヤマメの成魚130キロを放流した。

 連休中に渓流釣りを楽しんでもらおう―と長谷川、鬼光頭川などに喜多方市の一の戸川養魚場で飼育された渓流魚を放流した。

 放流は川岸や橋の上からロープとバケツを使って行われた。伊藤組合長ら役員が立ち会い「大勢の人に渓流釣りを楽しんでほしい」と話していた。

 28日には奥川にも成魚130キロを放流する。同漁協組は9月までの渓流釣りシーズン中、月1回の頻度でイワナ、ヤマメの成魚の放流を計画、太公望らに釣りを楽しんでもらうという。