【赤ソバ】【赤ソバ】畑一面に「赤ソバ」の彩り 本宮の阿部さん、魅力を知り栽培

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
見ごろを迎えた赤ソバの畑

 本宮市関下字仲之内の会社役員阿部雄一さん(65)方近くの畑で22日までに、高嶺ルビー種の赤ソバが見ごろを迎えた。阿部さんによると、10月中旬まで楽しめるという。

 阿部さんが会津美里町の「赤そば祭り」で赤ソバの魅力を知り、2012(平成24)年から自分で栽培を開始した。最初は1アールほどだったが、年々栽培規模を拡大し10アールほどになった。10月下旬には収穫する予定という。

 場所は、本宮市のアサヒビール福島工場から西に500メートルほど進んだ東北道沿い。