【ケイトウ】色鮮やかなケイトウ、自然美満喫 那須フラワーワールド

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ケイトウが見ごろとなった園内

 秋の観光シーズンが本格化し、10月最初の週末となった3日、栃木県那須町の那須フラワーワールド(白河市、和知繁蔵社長)には朝早くから多くの行楽客が訪れ、色づき始めた那須連峰と、色鮮やかに咲くケイトウが織りなす自然美を楽しんでいる。

 園内には、パッチワークといわれる手法で、色の違うケイトウとブルーサルビア計約25万株が植えられている。赤やピンク、黄のケイトウなどが約2ヘクタールの敷地を色鮮やかに演出。雄大な那須連峰との景観のコントラストが味わいを増している。

 同園によると、今年は台風による倒伏の被害もなく、きれいな花が楽しめる。花の見ごろは霜が降り始める今月末まで。開園時間は午前9時~午後5時。