【ザル菊】色鮮やか「ザル菊」...心和む 田村・菊の里ときわに2300株

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色鮮やかな模様を描き、来場者を魅了するザル菊=4日午前、田村市常葉町

 田村市常葉町山根字堀田平の「菊の里ときわ」で、約2300株のザル菊が見ごろを迎えている。黄、赤、ピンク、白などの花が約50アールの園内に咲き誇り、見る人の心を和ませている。

 農業渡辺武一さん(66)が、原発事故で休作を余儀なくされた自身の葉タバコ畑に復興を願ってザル菊を植え、2013(平成25)年に開園した。

 国道288号沿いの同園には、避難生活を送る川内村や富岡町の住民も立ち寄っていく。渡辺さんは「少しでも避難生活の癒やしにしてほしい」と話している。渡辺さんによると、今月中旬まで見ごろが続くという。

 入園料はないが協力金を募っている。時間は午前9時~午後4時。駐車場、トイレ、休憩所も整備している。