【シクラメン】色鮮やか「シクラメン」 ふたば未来高生が初の栽培実習

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
シクラメンの手入れをするふたば未来学園高の生徒たち=2日午後、広野町

 広野町の県立中高一貫校「ふたば未来学園高」の生徒が初めて手掛けたシクラメンが、赤やピンクの色鮮やかな花を咲かせた。生徒たちは3日に同町の公設商業施設「ひろのてらす」を訪れ、シクラメンの花約100鉢を販売する。同校の「スペシャリスト系列」で農業を選択して学んだ2、3年生が5月から、同町の二ツ沼総合公園フラワーパークの農業用ハウスを利用し、半年かけてシクラメンの栽培実習に取り組んできた。

 出荷を控え、2日の実習に参加した2年生は「広野の高校生が広野で育てたシクラメンの花を喜んでもらえればいい」との思いを込めて手入れに汗を流した。