【プリンセチア】色鮮やか『クリスマスの花』 プリンセチア出荷最盛期

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最盛期を迎えたプリンセチアの出荷作業=10日午後、矢祭町・FUJITA農園

 矢祭町下関河内のFUJITA農園(藤田玄夫代表)ではクリスマスシーズンを彩るプリンセチアの出荷が最盛期を迎えている。

 プリンセチアはポインセチアを改良育種した比較的新しい品種で、同農園では5年前から栽培を始めた。

 ハウス内の温度は日中25度、夜間は16度に管理され、水や肥料などに注意しながら連日作業が行われている。色鮮やかなのは花の周りにある花苞(かほう)と呼ばれる部分で八重咲きなど10種類あり、約2万鉢が出荷される。

 12月中旬まで作業が続き、県内外に出荷される。