minyu-net

ホーム 県内ニュース スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 

                                   > 福島四季だより > 私とガーデニングTOP
私とガーデニング
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 片桐進次郎さん宅 (磐梯町七ツ森)
森のたたずまい楽しむ

数多くの草花に囲まれた庭園。「にぎやかな庭を見るのが幸せ」と片桐さんは話す

 色とりどりの花々や、かぐわしいハーブの香りに彩られ、にぎやかな季節を迎えた庭園で、「子どもから大人まで楽しめるガーデニングをしたい」と柔らかな表情で話す片桐進次郎さん(63)は、ペンション「森のバスケット」のオーナー。
 「もともと庭いじりが好きだった」という片桐さん。ペンションを開いた約20年前から、夫婦でガーデニングを始めた。現在は、約1600平方メートルの敷地に100種類以上の草花が育つようになった。宿泊客はもとより、近くを通り掛かった旅行者らも足を止め、見事なガーデニングを観賞する。
 庭園は2つのブロックに分けて整備。道路側は花やハーブを整然と植え、手入れの行き届いたガーデニング。その奥には、山桜の大木やコナラなどが自然のままに茂り、森のたたずまいを楽しめる。庭園内には遊歩道のほか、手作りのビオトープも設置。ショウブやスイレンなど水生植物が息づく池には、モリアオガエルやヤゴ、メダカなどがすみ、庭園全体が”小さな森”になっている。
 今の季節は芝桜やチューリップ、忘れな草などが見ごろを迎えており、これからはアジサイやルピナスなどが盛りを迎える。片桐さんは「美しい庭を見るためには、手入れも手抜きはできない」とガーデニングの魅力を話す。
(2007年5月31日 私とガーデニング)

 

 

購読申込

ご購読申し込み

会社案内
会社概要
支社・支局のご案内
広告資料|▶バナー広告
社内見学|▶移動編集局
民友愛の事業団
福島民友メールアドレス
窓の投稿
 

福島民友新聞社

〒960-8648 福島県福島市柳町4の29
ネットワーク上の著作権(日本新聞協会)
国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN