minyu-net

ホーム 県内ニュース スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 

                                   > 福島四季だより > 私とガーデニングTOP
私とガーデニング
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 小畑 強子さん宅 (相馬市)
「自然体」心掛け楽しむ

「自然体」心掛け楽しむ

「これからも自然体を心掛けたガーデニングを楽しんでいきたい」と話す小畑さん

 「子どものころから、種をまいて育てることが好きだった」と話す相馬市のフラワーデザイナー小畑強子さん(55)宅の庭園は「和洋折衷」がポイント。20年前に引っ越してきた時、自宅前の庭園は灯籠(とうろう)や枯山水がある和風庭園だった。しかし「まるで草原の一部を切り取ったような自然の雰囲気そのままの、庭らしくない庭にしたい」との思いで、芝生や置き石を取り除き、草花や樹木を植えるなど大胆にアレンジ、四季折々の植物を楽しめる庭園に仕上げた。
 その自慢の庭園は、早春はクリスマスローズ、初夏はリキュウバイやバイカウツギ、夏はリクニスやカラマツソウ、秋はモミジの紅葉、冬は枝物に積もった雪景色や寒ツバキと、1年を通してさまざまな景観を見せる。
 ガーデニングの魅力を「花についた実を楽しみ、種を楽しむ。さらに、こぼれた種から新たな植物が芽吹いていく自然美。日々変化する庭園は見ていても全くあきない。1日ごとに成長していく植物の生命力を感じる」と小畑さん。「ガーデニングは何年やっても決して完成というものはない。これからも自然体の庭造りを心掛けながら、ガーデニングを楽しんでいきたい」と話す。
(2007年6月29日 私とガーデニング)

 

 

購読申込

ご購読申し込み

会社案内
会社概要
支社・支局のご案内
広告資料|▶バナー広告
社内見学|▶移動編集局
民友愛の事業団
福島民友メールアドレス
窓の投稿
 

福島民友新聞社

〒960-8648 福島県福島市柳町4の29
ネットワーク上の著作権(日本新聞協会)
国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN