minyu-net

ホーム 県内ニュース スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 

                                   > 福島四季だより > 私とガーデニングTOP
私とガーデニング
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 佐藤惇さん、路子さん宅 (会津若松市)
有機肥料を使い手入れ

コテージガーデンの雰囲気が漂う庭園。「花はいくら見ても飽きない」と路子さんは話す

 例年にない厳しい残暑も和らぎ、心地よい風が庭いっぱいの草花を揺らす。花類の最盛期は過ぎたものの、秋月菊やセージ類など愛らしい花が咲き競い「ガーデン」と呼ぶにふさわしい雰囲気が漂う。
 会津若松市花畑東、さとう小児科医院の医師佐藤惇さん(60)、路子さん(60)夫妻は、忙しい仕事の合間を縫っての庭づくりに余念がない。コテージガーデンを連想させる医院兼自宅前の庭について、路子さんは「配置や色合いなど計算され尽くした英国風とは少し趣が違う、ナチュラルな庭を目指している」と笑顔を見せる。それだけに、手入れには有機肥料や木酢液、生薬など自然素材にこだわっている。
 「夏暑く、冬は雪が多い会津では花選びが大変だった」という路子さん。冬期間を除いて花が咲くよう気を遣った庭には、宿根草を中心に一年草なども多彩に配置した。また、惇さんは70種類のバラを育てており、初夏には、にぎやかな表情を見せるという。
 路子さんは「花はいくら見ていても飽きないし、土いじりをしていると心が癒やされる」とガーデニングの魅力を語る。庭の草花は休養期を迎えるが、来春の芽吹きに向けた作業は、これからが本番となる。
(2007年9月28日 私とガーデニング)

 

 

購読申込

ご購読申し込み

会社案内
会社概要
支社・支局のご案内
広告資料|▶バナー広告
社内見学|▶移動編集局
民友愛の事業団
福島民友メールアドレス
窓の投稿
 

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN