minyu-net

ホーム 県内ニュース スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 

                                   > 福島四季だより > 私とガーデニングTOP
私とガーデニング
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 銀座・ビル屋上 (東京・銀座)
“福島の菜の花”ビル屋上へ移植/銀座ミツバチプロジェクト

“福島の菜の花”ビル屋上へ移植/銀座ミツバチプロジェクト

銀座3丁目のビルの屋上で行われた福島市産の菜の花の苗の移植作業

 福島市の「あづまの里『荒井』づくり地域協議会」が栽培した菜の花の苗が16日、東京・銀座3丁目のNTT京橋ビル屋上に同日開設された「ビーガーデンNTT京橋」に移植された。
 銀座のビルでミツバチを飼育し、採取したはちみつを銀座の菓子店などに提供する「銀座ミツバチプロジェクト」の活動の一環。はちみつ作りに適した菜の花を植えるとともに、菜の花から油も絞り、飲食店などに提供しようという試み。福島市の農・商・観光団体などで組織する「福島ふるさと体験交流会」(林克重会長)が、同プロジェクトに取り組むNPO法人と共同し都市間交流事業として始めた。
 同ビルの屋上には約15平方メートルの花壇2面を設置。ビルを所有するNTT東日本−東京中央の社員がボランティアで花壇を管理する。
 この日はNPO法人の関係者ら約60人が、同協議会が栽培した160株の菜の花の苗と、別団体のハーブの苗を植えた。菜の花は来年2月下旬には開花予定。同ビルから約250メートル離れたビル屋上に設置された巣箱には数万匹のミツバチが飼育されており、計画ではビル屋上に咲く菜の花のみつを求めてミツバチが飛び交う。交流事業は今後、菜の花のはちみつと、福島のモモやリンゴなどの果樹を使ったデザートの商品化や、菜種油の製品化などを計画している。
(2009年12月17日 私とガーデニング)

 

 

購読申込

(c)SANRIOCO.,LTD.
APPROVAL NO. S511902

ご購読申し込み

会社案内
会社概要
支社・支局のご案内
広告局のページ
社内見学|▶移動編集局
福島民友愛の事業団
民友メールアドレス
窓の投稿

民友携帯サイト
みんゆう愛モード

QRコード
左のコードを読み取り、表示されたURLでアクセスできます。

 

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN