「コンニャクの花」咲く "数年に1度"...近所で話題に-蛭田一男さん方-

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
蛭田さん方で咲いたコンニャクの花

 いわき市勿来町の自営業蛭田一男さん(58)方の庭先で11日までに、数年に1度だけ咲くコンニャクの花が咲き、近所の話題になっている。

 コンニャクの花は必ず咲くわけではなく、蛭田さんがコンニャクを栽培してきた28年間で咲いたのは、今回で3回目という。これまでは、咲いた際も1本だけだったが、今回は5本同時に咲いた。ほかに2本が開花間近という。

 花は細長く、濃い赤紫色。強烈なにおいがする。蛭田さんによると、開花した5本は15日ぐらいまでが見ごろという。蛭田さんは「長年育てているが、花が咲く条件が分からない。めったに咲かないので、この機会に多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。