シバザクラ鮮やか!蛭田さん「自由に楽しんで」-蛭田キン子さん方-

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
シバザクラを見守る蛭田さん

 いわき市田人町旅人の農業蛭田キン子さん(85)方でシバザクラが咲き誇り、地元住民の目を楽しませている。蛭田さんによると、見ごろは23日ごろで、雨が降らなければ5月の大型連休まで楽しめるという。

 蛭田さんは約10年前から、シバザクラを栽培。元はジネンジョ畑だったが、傾斜地のためジネンジョの栽培をやめた後、土が流れないようシバザクラを植え始めた。株分けしたり苗を購入するなどして面積を広げ、現在は約1000平方メートルの畑に白やピンク、紫など色とりどりの花が咲いている。

 畑は同市田人支所の西側。蛭田さんは「庭に入って見たり、写真を撮ったり、自由に楽しんでもらえれば」と話している。