ゲッカビジン咲き誇る、大輪七つ開花-阿部チヨミさん方-

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花を咲かせたゲッカビジンを見つめるチヨミさん

 会津若松市天神町の阿部チヨミさん(88)方で、チヨミさんが育てているゲッカビジンが3日、大輪の花を七つ付けた。一度に七つが開花するのは珍しいといい、家族や近隣住民が花を見に訪れた。

 ゲッカビジンはサボテン科の多肉植物で、強い香りの20センチほどの花を付ける。花は夜に咲き始め、翌朝にはしぼんでしまう。チヨミさん方のゲッカビジンは約10年前に、長女のマヤ子さん(63)が知人からもらい受けたという。

 以来大切に育ててきたチヨミさんは「今年は風で倒れて枝が折れ、咲かないかと思っていたのでうれしい」と笑顔を見せた。