かれんな「モッコウバラ」...道行く人を魅了-益子焼の家-

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
黄色い花を咲かせているモッコウバラ

 いわき市川部町の焼き物店「益子焼の家」でモッコウバラが咲き始め、かれんに咲く黄色い花と甘い香りが道行く人を魅了している。

 同店を営む相原征子さん(73)によると、例年より2日早く開花し、9日現在で五部咲き。天気次第で一気に開花し、強い雨が降らなければ今月下旬まで楽しめそうという。

 モッコウバラは、相原さんが知人から譲り受け、30年前から栽培。現在は住宅の回りを囲むように花を咲かせる。毎年この時期になると、花を楽しもうと市内外から多くの人が訪れる。