鑑賞会「バラ楽しみ笑顔で長生きしよう」-櫛田孝夫さん方-

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
美しく咲くバラを観賞する参加者

 グループホーム「ひまわりの家」など3施設を運営するヘルパーステーション小川は24日、いわき市小川町上平の櫛田孝夫さん(73)方でバラの鑑賞会「バラを楽しみ笑顔で長生きしよう」を開いた。施設を利用する高齢者が、美しく咲くバラを眺めて心を癒やした。

 櫛田さんの厚意で、3施設の合同イベントとして初めて開催。利用者とスタッフら約50人が参加した。

 参加者は「ブルームーン」や「マリアカラス」など、さまざまな品種のバラにうっとりと見入っていた。小川駐在所の警察官による防犯講話も行われた。

 櫛田さんは約30年前から庭にバラを植え始め、現在は40~50種類のバラ約80本を丹精して手入れしている。春バラの見ごろは5月中だが、櫛田さんは「10月10日ごろには秋バラも咲く。気軽に見に来てほしい」と話している。