復興へ花壇手入れ、町彩るかれんな花々-広野・国道6号沿い-

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花壇にパンジーを植える参加者

 NPO法人ハッピーロードネットは11月30日、広野町の国道6号と常磐道広野インターチェンジの接続道路との交差点で花壇の植栽を行い、復興へ向かう町をかれんな花で彩った。

 前身の団体から約20年にわたり年2回、花壇の手入れを続けている。今回は黄色やオレンジ色、紫色など色とりどりのパンジー約2000鉢を女性ボランティア5人で国道の上下線沿いの花壇に植え込んだ。

 西本由美子理事長は「廃炉や復興事業の車両で交通量が増えている。道行く人が花を見て明るい気持ちになってほしい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【猪苗代】〔ふくしま・さくらだより〕観音寺川の桜並木 桜彩る川の流れ