咲き誇るシバザクラ、見て楽しんで-喜多方・ベスト工場周辺-

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ベスト工場周辺に咲くシバザクラ

 デジタル一眼レフカメラ用交換レンズ「シグマ」を組み立て製造するベスト(喜多方市、新田敬二社長)の工場周辺に咲くシバザクラが見ごろを迎えている。

 同社が2016(平成28)年秋から植栽を始め、今年は昨年のほぼ倍の約3800本のシバザクラが咲き誇っている。同社によると、例年より開花が早く5月中旬ごろまで楽しめるという。

 場所は同市塩川町新井田谷地の市道沿い。同社顧問の小桧山栄身さんは「ドライバーの目にも留まりやすい。多くの人に見てほしい」と話す。