高速道の快適な利用や地域活性化へ「花植え」-福島飯坂IC-

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島飯坂インターチェンジ(IC)で花の植栽作業を行う参加者=福島市

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)福島管理事務所は17日、福島市の福島飯坂インターチェンジ(IC)で花の植栽作業を行った。

 高速道の快適な利用と地域活性化を目的に、2012(平成24)年から行っている。今回は同事務所やグループ会社、JA共済連福島の約30人が参加した。

 参加者は周辺の美化作業を行った後、IC内の花壇にベゴニア約520株を植え、東北道の玄関口を鮮やかに彩った。